ハリウッドセレブ

喫煙はバストアップにも悪影響

男性に比べると喫煙する女性は少ないのですが、禁煙の成功は男性の方が多い、という統計があります。
女性のほうが喫煙を始めると煙草をやめるのに苦労するのです。
でも、喫煙はビタミンCやBを失いますし、出来れば早急にやめるほうベターです。
妊娠している場合には胎児の成長にも影響を与える可能性が非常に大きいと言われています。
また、喫煙は血行を悪くすると言われているので、末端神経の冷えにも影響するのです。
この冷えですが、健康を害する可能性もあるうえ、何と悲しいことにバストアップにも影響すると言われています。
せっかく一生懸命バストアップに励んでいても、喫煙していると努力が水の泡になりかねないのです。
ではどうして喫煙はバストアップにも悪影響なのでしょうか。

まず先にも紹介したように、冷えは血行の流れを悪くします。
バストの成長には身体を温かくし、血行の促進が必要です。
しかし喫煙が多ければ多いほど、冷え性が加速するのでバストの成長を阻害してしまいます。
また、エストロゲンへの影響も甚大です。
エストロゲンとは女性ホルモンの1つなのですが、バストの成長に関わっています。
女性ホルモンが円滑に分泌されているとバストは豊かになりやすいのですが、喫煙が多いと女性ホルモンが低下しかねないのです。
喫煙歴が長いと加齢をする速度が速いという研究結果もあり、バスト以外にもシミやシワ、たるみなどにつながります。
喫煙は止められない場合、保険対象で禁煙に挑戦することもできるので、この機会に思いきって禁煙してみてはいかがでしょうか。
美肌にもバストにも良い影響がありますし、これから妊娠を目指す人にもオススメです。
エストロゲンの分泌が豊かになると、バストサイズへの変化だけではなくニコチン切れによるイライラからも解放され、穏やかな性格に変化するでしょう。
禁煙は確かに苦しく感じるかもしれませんが、得られる効果を考えると挑戦する価値が十分にあるはずです。